カテゴリー
仮想通貨 用語解説

IPFS

データを分散共有、保存するためのネットワークシステムです。中央集権的な構造でデータを保有するクラウドサーバーシステムに対して、ネットワーク全体に散らばった賛同者のストレージにファイルを分散化させ保存させる技術です。

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

Arweave

Arweave は、ブロックチェーンの技術の影響を受け、ブロックチェーン関連の技術と合わせて用いられる、データストレージサービスです。簡潔にまとめれば、データが消失しないように、賛同者のストレージ要領を持ち寄って、分散化 […]

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

DLT

DLT、Distributed Ledger Technology は、分散台帳技術と日本語では訳されます。名前の通りブロックチェーンと同じ技術を表現しているのですが、両者の定義は微妙に異なるため、混同しやすい用語です。

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

ファイナリティ

ファイナリティという言葉は、ブロックチェーン用語ではありません。ですが、ブロックチェーンのユースケースとして重要な決済の機能を理解するために必要となる概念です。 端的に意味合いを説明すれば、決済が完了して取り消しが出来な […]

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

NFT

NFT と略称で呼ばれますが、Non-Fungible Token の略称です。日本語訳以前に、英語であっても馴染みの薄いものでイメージがつかみにくいものなので、余計な表現をするのではなく NFT という用語が広まってい […]

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

AMM

Automated Market Maker の略です。 マーケットメーカーとは、本来仮想通貨専門の用語ではありません。金融取引の市場で、売買取引が効率的に行われ、資産が流動的に動くようにする市場参加者を意味します。要す […]

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

DeFi

DeFi は、Decentralized Finance の略です。そのまま、分散金融と訳すことができます。 DeFi と定義される範囲は広く、曖昧な部分もありますが、あえて断言するならば、スマートコントラクトによって実 […]

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

トークン

ブロックチェーン用語としてのトークンについて解説します。トークンとは、ブロックチェーン上で発行される仮想通貨の事です。

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で実行可能なプログラムの事です。契約の自動化をする目的で記述され、利用されます。

カテゴリー
仮想通貨 用語解説

Oracle(オラクル)

ブロックチェーン用語としての Oracle(オラクル)を解説します。データベースの製品・会社とは関係ありません。 元々の用語は、宗教的なもので、神のお告げという意味合いがあります。ブロックチェーンでのこの用語の使い方を考 […]