カテゴリー
雑記

日本円の新紙幣への切り替えの先に期待すること

2024年を目処に、日本円の紙幣のデザインが新しくなると発表されていました。2021年中には、新500円硬貨も発行が始まります。その時にどういうことが起こるのかを考えています。

少し古いデータしか参照していないのですが、日本銀行が発行している資金循環統計(2018年度)によると、日本の個人金融資産は1,829兆円あります。そのうち、現金と預金は961兆円です。ちなみに、株式は199兆円、投資信託は73兆円でした。

現金と預金の合計の961兆円のうち、新紙幣への切り替えに際して動くことが予想されるのは、現金の部分です。
では、現金のまま眠っているいわゆるタンス預金は、いくらぐらいあるのでしょうか。こちらの記事で言及されていました。

紙幣の流通残高100兆円に対して50兆円(1月末時点)あるといわれる。2024年の新紙幣発行にはそのお金をあぶり出し、消費や投資を活性化させる狙いもあるとみられる。果たしてタンス預金は動くのだろうか。

タンス預金、新札発行で動くか(市場点描): 日本経済新聞

つまり、50兆円ですね。日本の国家予算はだいたい100兆円ですので、およそ半分に相当します。しかしそれだけにとどまらず、タンス預金は増えていくという予測が同記事にあります。

第一生命経済研究所の熊野英生氏はタンス預金残高は増え続け「23年には70兆円を超える可能性がある」と指摘。新紙幣の発行で「消費に回ることは期待できないが、2兆2000億円規模が金や外貨投資に流れそうだ」と予想する。

タンス預金、新札発行で動くか(市場点描): 日本経済新聞

それがどのように動くのかの予測も、同じ記事にありました。前回の新紙幣への切り替えは、2002年8月に発表され、2年後の2004年11月に発行が始まっています。発行時にはタンス預金が前年比で3%減少したとされています。同じ程度のタンス預金が次回の新紙幣への切り替えで動いたとしたら、1.5兆円程度のタンス預金が減少することになります。
それはどこに行くのでしょうか。

現金の呪いという本に、興味深いデータが出ています。

現金の呪い

発行されている紙幣のうち、5,000円相当以上の高額紙幣が占める比率は、先進国では80%以上だそうです。日本は、2015年の段階で91.1%です。スイスに至っては、96.6%となっています。財布の中身の90%以上が高額紙幣な人がそんなにたくさんいるわけがありません。

こういう現金は、新紙幣への切り替えで新しく入れ替えをしなければならないはずですが、タンス預金になっているのには様々な理由があるわけです。中には、表に出したくないがために、現金で保管されているものもあるでしょう。だからこそ、効率よく高額紙幣で保管されているわけです。そう簡単に動かない、動かせない現金が、そこら中に眠っているということになります。
キャッシュレスや新紙幣への切り替えでそれらをあぶり出す意図もあるのでしょうが、50兆円がすべて出てくるとはおもえません。日本の場合は、欧米諸国と違い旧紙幣でも使えるというしくみらしく、簡単には動かないでしょう。

タンス預金が、眠ったまま価値を減少させていくことが無いように、願っています。できることならば、ビットコインなり、仮想通貨の市場に流れていく道筋が立てば、人類の未来は明るいと個人的には思っています。このまま日本円として存在することで、税金や紙幣の切り替え、あるいはインフレによって埋没し価値を消失していくぐらいであれば、未来あるデジタル経済圏への移転を実現させられないものでしょうか。

ビットコインの時価総額は、2021年5月の段階では$1Tになっており、おおよそ100兆円ぐらいになります。タンス預金が日本だけで50兆円というのは、インパクトの大きな金額です。少なくとも今回の新紙幣への切り替えで動く1.5兆円のうち、いくらかが DeFi や仮想通貨市場に流れると、おもしろいことになると思うのですが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください