カテゴリー
仮想通貨 用語解説

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で実行可能なプログラムの事です。契約の自動化をする目的で記述され、利用されます。

言い方を変えれば、ブロックチェーン上で発生するあらゆる取引契約について、条件を満たした場合の契約の履行を強制する仕組みです。
スマートコントラクトの記述内容自体もブロックチェーン上で共有されるため、さかのぼって改ざん・改変することができません。そのため、透明で安全な取引を可能にします。

Ethereum をはじめとした、主要なブロックチェーンで採用されている中心的な機能です。ブロックチェーンによって実際にスマートコントラクトを記述する際に利用されるプログラミング言語は異なりますが、どのブロックチェーンでも、基本となる設計思想は同じです。

スマートコントラクトによって、仲介者や管理者が不在でも、事前に決めたルールを破ることが不可能になります。結果として、ブロックチェーン上での取引が、安心安全に実行できるようになります。スマートコントラクトがあれば、取引相手を信じたり、確認したりする必要がなくなるのです。
この技術は今後、現実社会のあらゆる契約ごとにまつわるコストを削減し、安全性を高めることに応用されると期待されています。

取引、契約において、人々の心配事はつきません。取引相手が嘘をついているかもしれませんし、仲介者が騙しているかもしれません。しかし、スマートコントラクトを活用すれば、それらの心配事を回避することができます。信用するのではなく、何が真実であるかを自動的に証明できるのです。

例えば金融業界であれば、スマートコントラクトによって圧倒的なコストダウンや構造変化を巻き起こすものが多々あります。
株式投資や投資ファンドであれば、事前に決められた条件に従って運営がなされた時、発生した利益を出資比率に応じて自動的に分配することだって技術的には可能です。あるいは、出資比率に応じて投票権を付与する仕組みを導入しておけば、組織の運営方針や利益分配に関するルールの改定も、まるで株主総会を開くかのようにトークンによる投票で実現できます。世界中に分散された組織であっても、コンセンサスを取ることができるのです。

スマートコントラクトを改めて短く定義すると、プログラムによって契約のルールを記載し、それを改ざん不能なブロックチェーン上で共有管理し、取引におけるルールを強制的に守らせる機能です。
この機能の誕生で、ブロックチェーンは取引の信用コストを圧倒的に下げることに成功し、ICO、DeFi、NFT などのトレンドを生み出しました。

「スマートコントラクト」への1件の返信

[…] 主要なブロックチェーンの Ethereum 上では、Ether というトークンが発行され、利用されています。Ethereum というブロックチェーンはその性質上、Ethereum の上で様々なプログラムを実行させることができますが、Ethereum 上でスマートコントラクトによって記述されたプログラムを実行するために支払う手数料として、Ether トークンが利用されます。Ether トークンが、いわゆる仮想通貨の Ether = ETH です。 […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください