カテゴリー
雑記

読書の頻度とその方法 – どのように毎月10冊以上読んでいるのか

前提

読書ログをまた投稿しようと思ったのですが、履歴を振り返ると数が多かったので、まずは読書方法そのものについてまとめておきたいと思います。
これまで試しに数件の読書ログを投稿してみましたが、実は投稿していないだけで手元には多くのメモが残っているのです。これを順次こちらで公開していこうというのが狙いなのですが、今まで語ったことのなかった自分なりの読書方法というのをまずは記します。

そもそも自分は本を買ってみるのが好きで、割と多く持っている方だと思います。しかし、初代 iPad が登場した時に起こった「自炊ブーム」に乗っかって、物理的な本はもうこの世から無くなるべきだと思い始め、当時所有していた数百冊は一気に裁断サービスに送付し、全冊を iPad に入れました。今も、iPad にはほぼ全部の本が入っています。

その後も、できるだけ Kindle でしか買わないように努めているため、電子書籍の方が圧倒的に多くあります。一部、どうしても読みたい本が Kindle 化していない場合や、古くて絶版になっている本に当たることがあります。そういう時は、Amazon で中古で購入し、読んですぐ自分で裁断し、スキャンするようにしています。ちなみに、裁断とスキャンの環境は、いわゆる自炊ツールの中で最良のものを揃えて、いつでも自炊できるようにはなっています。

というわけで、リアル本がほとんどなく、だいたい電子書籍か、裁断してスキャンした PDF ファイルで読んでいるわけなので、その辺りを前提として以下をお読みください。

※こちらは会員限定の記事です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください